中古絵本と、絵本やかわいい古本屋

りんごのきにこぶたがなったら

絵:アニタ・ローベル
文:アーノルド・ローベル
訳:佐藤凉子
出版元:評論社
発行年:昭和63年5月30日初版2刷
サイズ:W257×H210
重量:360g
本の状態:B カバーなしです。表紙に小さなスレ・ヨゴレ・角ツブレがあります。天小口に経年のヤケ・シミがあります。表紙の見開き中央に50ミリ位のテープが貼ってあります。経年の割には状態は良いです。

市場でたくさんのこぶたを買ったお百姓さん。ところがこのお百姓さんは大変な怠け者で、いつも寝てばかり。おかみさんが起こそうとすると「にわにこぶたがさいたらな。そうしたらたねまきをてつだうよ」なんて無理なことをいって、お百姓さんはまたベッドにもぐりこんでしまいます。ところが、お百姓さんが目を覚まして窓の外を見てみると・・・。お百姓さんとおかみさんのやりとりがユーモラスなこの絵本は、アーノルド・ローベルとアニタ・ローベル夫妻の共作です。
SOLD OUT




Top