中古絵本と、絵本やかわいい古本屋 -secondhand books online-

わたしがあかちゃんだったとき

作:キャスリーン・アンホールト
訳:角野栄子
出版元:文化出版局
発行年:2018年5月1日36刷
サイズ:W208H208
重量:270g
本の状態:B+ カバーなしです。表紙に小さなスレ・アタリ・角ツブレ、微めくりシワのあるページがありますが、本編は概ね良好です。

「それ なあに?」
「あかちゃんの おようふくよ」
「あたしが あかちゃんだったときの?」
「そうよ。こんなに ちいちゃかったのよ」
「もうふにくるまって びょういんから かえってきたとき、あなたったら まるでおにんぎょさん みたいだったわ」本文より。
無邪気な娘の質問に、ママが優しく答えます。娘の成長を一緒に振り返る、愛情いっぱいの絵本です。

※掲載画像は同じ本を紹介する為のサンプル画像で、再出品の度に実物画像を添付し直しておりません。(画像アリの記載があるものは除く)
※一冊ずつ確認をしておりますが、古本という性質上、本の状態の記載内容は目安としてご参照ください。
SOLD OUT

  •  



Top