中古絵本と、絵本やかわいい古本屋

バッタさんのきせつ

作:エルンスト・クライドルフ
訳:佐々木田鶴子
出版元:ほるぷ出版
発行年:2012年4月25日1刷
サイズ:W247×H203
重量:320g
本の状態:B+ カバーありです。カバーに小さな経年のスレ・ヨレ・端イタミ、表紙に小さな角ツブレ、若干めくりシワのあるページがありますが、本編は概ね良好です。品切れ、重版未定です。

スイス生まれの詩人画家、エルンスト・クライドルフ。ヨーロッパにおける絵本の黎明期を代表するひとりで、スイスではいまも広く人びとに読みつがれています。
アルプスのうつくしい自然に親しみ、小さな生き物たちの世界を愛したクライドルフは、草や花、虫や動物たちを愛情あふれるまなざしで見つめ、ユーモアたっぷりの絵本にしました。
本書は1930年に完成し、刊行当初より高い評価を得て「年間でもっとも美しい絵本50冊選」に選ばれています。本書紹介文より。
エルンスト・クライドルフ(1863-1956年)は、ユーゲント様式(アール・ヌーボー)を代表する絵本作家で、動植物を擬人化して描く形式に芸術的完成度を与え、芸術的な絵本という新しいタイプを生みだして、子どもの本の歴史に転換期をもたらしました。

※掲載画像は同じ本を紹介する為のサンプル画像で、再出品の度に実物画像を添付し直しておりません。(画像アリの記載があるものは除く)
※一冊ずつ確認をしておりますが、古本という性質上、本の状態の記載内容は目安としてご参照ください。
SOLD OUT




Top