中古絵本と、絵本やかわいい古本屋

小さな花の王様

作・絵:クヴィエタ・パツォウスカー
訳:川本三郎
出版元:太平社
発行年:1992年7月1刷
サイズ:W240×H222
重量:410g
本の状態:B+ フイルムカバーありです。フイルムカバーに小さな経年のスレ・ヨゴレ・販促用シール、表紙の見開きに微シミ、若干めくりシワのあるページなど、多少の経年感がありますが、本編は概ね良好です。品切れ、重版未定です。

ほんとうにしあわせになるには、花だけでなく、なにか、もっとほかのものがほしい・・・そう思うと、王様は、さびしくなりました。花より、もっといいものがほしくなりました。それはなんだろう。“そうか!”王様は、きゅうに、おおきな声をだしました。“ほしいものがわかったぞ”“ほしいものがわかったぞ・・・お姫様だ!” 本文より。
"色彩の魔術師”と称される、チェコを代表するイラストレーター、クヴィエタ・パツォウスカーの絵本です。
本書は各国で翻訳され今も新装版が出版されるなど、世界的に高い評価を受けています。

※掲載画像は同じ本を紹介する為のサンプル画像で、再出品の度に実物画像を添付し直しておりません。(画像アリの記載があるものは除く)
※一冊ずつ確認をしておりますが、古本という性質上、本の状態の記載内容は目安としてご参照ください。
SOLD OUT




Top