中古絵本と、絵本やかわいい古本屋

きのこってなんだろう? かがくのとも571号

作:小林路子
出版元:福音館書店
発行年:2016年10月1日
サイズ:W227×H248
重量:160g
本の状態:A− ペーパーバック、カバーなしです。表紙に小さなスレ・ヨレ、若干めくりシワのあるページがありますが、本編は概ね良好です。

きのこのほうしが じめんにおちると、ほうしから いとのようなものが のびてきます。これは きんしです。じつは、きんしが きのこの ほんたいなのです。
きのこは、きんしが こどもをふやすために つくるものなのです。しょくぶつのはなと おなじやくめをしています。本文より抜粋。
1986年にキノコと出会ってから、キノコを描き続けている画家・小林路子さんの絵本です。

※掲載画像は同じ本を紹介する為のサンプル画像で、再出品の度に実物画像を添付し直しておりません。(画像アリの記載があるものは除く)
※一冊ずつ確認をしておりますが、古本という性質上、本の状態の記載内容は目安としてご参照ください。
SOLD OUT




Top