中古絵本と、絵本やかわいい古本屋

〈物語〉白鳥湖

作:M・ヘルプリン
絵:C・V・オールズバーグ
訳:村上春樹
出版元:河出書房新社
発行年:1991年12月20日初版
サイズ:W195×H265 94P
重量:560g
本の状態:B+ カバー・帯ありです。カバーに小さなスレ・ヨレ、帯にスレ・ヨレ・微ヤブレ、表紙天地に小さなスレ・ヤケ・ヨゴレ、多少の経年感がありますが、本編は概ね良好です。品切れ、重版未定です。

パブリッシャーズ・ウィークリーで「優雅で美しい」、ワシントン・ポストで「きわめて魅惑的な作品」と絶賛され、『白鳥湖』は、出版と同時に、あらゆる世代の心をゆさぶる本として各方面から高い評価を得た。原典の寓話の香気をそのまま残しながら、あの有名なバレエ『白鳥の湖』の意義をさらに深め、現代人にも通じる示唆に富んだ物語となることに成功している。マーク・ヘルプリンの語り口は村上春樹の翻訳を得て、チャイコフスキーの音楽の優美な調べを奏で、クリス・ヴァン・オールズバーグの光彩を放つ挿絵は、若き王子とみなし児の王女オデットの人物像に、バレエにはない微妙な陰影を添える。  本書紹介文より。
オールズバーグの1Pカラーイラストが13点楽しめます。
SOLD OUT

  •  



Top