中古絵本と、絵本やかわいい古本屋

ウッレのスキーのたび

作:エルサ・ベスコフ
訳:石井登志子
出版元:フェリシモ出版
発行年:2002年2月22日1刷
サイズ:W218×H272
重量:390g
本の状態:B+ カバーありです。カバーに小さなスレと端ヨレ、若干めくりシワのあるページがありますが、本編は概ね良好です。旧版。

六さいのおたんじょう日に、本物のスキーをもらったウッレは、雪がまちどおしくてたまりません。ようやく、クリスマスの二週間前にふりはじめた雪がつもると、ウッレはとてもよろこび、朝ごはんもそこそこに、ひとりで森のおおきな広場へと、スキーですべっていきました。すると目のまえに、頭の先から足の先まで、きらきらと白くかがやくおじいさんがたっていました。そして・・・。本書紹介文より。季節の移り変わりを幻想的に描いた絵本です。以前は「ウッレと冬の森」(らくだ出版)、現在は「雪のおしろへいったウッレ」(徳間書店)として出版されています。
SOLD OUT




Top