中古絵本と、絵本やかわいい古本屋

木の実のけんか

文:岩城範枝
絵:片山健
出版元:福音館書店
発行年:2008年3月20日2刷
サイズ:W245×H253
重量:360g
本の状態:B+ カバーなしです。表紙に小さなスレ・アタリ・角ツブレ、ページに少しめくりシワがありますが、本編は概ね良好です。岩城範枝さんの献呈サイン本。

「木の実のけんか」は、狂言の「菓争」を下敷きにして生まれた絵本です。
木の実の精たちの「けんか」は、いきなりポカリ、とはなりません。プライドやら、縄張り意識やら、それぞれの思惑から、ああ言えばこう言い、こう言えばああ言い、ついには暴力沙汰に至るのです。
「そうそう、けんかってこんなふうに始まるのよ」と、思わずクスッと笑ってしまいます。
風流で、ていねいで、おかしくて、そんな「けんか」のお話を、ぜひ絵本にしたくなったのです。あとがきより抜粋。
SOLD OUT




Top