中古絵本と、絵本やかわいい古本屋

スーホの白い馬 モンゴル民話

再話:大塚勇三
絵:赤羽末吉
出版元:福音館書店
発行年:2013年12月15日129刷
サイズ:W310×H230
重量:520g
本の状態:A− カバーありです。カバーに小さなスレと端ヨレ、本編は概ね良好です。

中国の北のほう、モンゴルには、ひろい草原がひろがり、そこに住む人たちは、むかしから、ひつじや、牛や、馬などをかっていました。このモンゴルに、馬頭琴という、がっきがあります。がっきのいちばん上が、馬の頭のかたちをしているので、ばとうきんというのです。けれど、どうしてこういう、がっきができたのでしょう?それには、こんな話があるのです。 本文より。
馬頭琴のうつくしい音色のように、しみじみと心にしみる絵本です。

SOLD OUT




Top