古本絵本と、絵本やかわいい古本屋

〈挿絵本〉十二人の踊る姫君

編:アーサー・クィラ・クーチ
絵:カイ・ニールセン
訳:岸田理生
出版元:新書館
発行年:1994年11月5日新装版初版1刷
サイズ:W190×H245 121P
重量:540g
本の状態:A− カバーありです。カバーに小さなスレ・ヨレ、表紙天地に小さなアタリ、多少の経年感がありますが、本編は概ね良好です。品切れ、重版未定です。

踊り靴の謎を解くため、妖精の力を借りて地下王国に行った少年マイケル。彼がそこで見たものは、真夜中の舞踏会だった。表題作は、絵巻のように繰り広げられる十二人の姫君の物語。妖精女王の座を争う二人の妖精の力比べを描く「ロザニー姫と浮気な王子さま」など四編を収論。
ニールセンは1886年にコペンハーゲンで生まれ、パリで絵画を学びます。この頃に出会ったビアズリーの作品と、日本の版画に影響を受けました。本書紹介文より。
SOLD OUT




Top