中古絵本と、絵本やかわいい古本屋

讃岐のおはなし あたごの浦 こどものとも年中向き

再話:脇和子・脇明子
絵:大道あや
出版元:福音館書店
発行年:1991年9月1日2刷
サイズ:W190×H260
重量:140g
本の状態:A− ペーパーバック、カバーなしです。表紙に小さなスレ・ヨレ、多少の経年感がありますが、本編は概ね良好です。

そこで鯛は、浜辺の松の木にするするっとのぼって、松の枝にぴたっとはりついてから、「松にお日さん、これどうじゃ」と言うたんやと。明るいお月さんの光に、赤いうろこがキラキラして、ほんまに、日の出とまちがうぐらい、ええながめだったけん、みんな感心して、「妙々々々々々」と、はやしたてたんやと。本文より。お魚たちの演芸会は、大盛りあがりです。
SOLD OUT




Top