中古絵本と、絵本やかわいい古本屋

〈小説〉クレーン男

文・絵:ライナー・チムニク
訳:矢川澄子
出版元:童話屋
発行年:1984年6月12日2刷
サイズ:W150×H215 172P
本の状態:B+ 函カバーありです。函カバーに小さなスレ・ヨレ・ヨゴレ、本体の小口に微シミ、本編は概ね良好です。旧版。

「ここにクレーンをたてるんだ。高さは四十九メートル」すると、市長と十二人の市議会議員たちは、おおよそ四十九メートルの高さのあたりをみあげた。一人がいった。「すごいなあ」 本文より。ところが、クレーンを建てていた男たちのうちに一人、誰よりもクレーンに惚れ込んでしまった男がいた―。
「レクトロ物語」「タイコたたきの夢」などでも有名なドイツの寓話作家でイラストも自身で手掛けるライナー・チムニクの物語。本書は1969年福音館書店刊の復刊で、後にパロル舎から更に復刊されました。
SOLD OUT




Top