古本絵本と、絵本やかわいい古本屋

きつねとうさぎ ロシアの昔話

絵:F・ヤールブソワ
構成:Y・ノルシュテイン
訳:こじまひろこ
出版元:福音館書店
発行年:2003年11月25日1刷
サイズ:W220×H305
重量:410g
本の状態:B+ カバーなしです。表紙に小さなスレ・アタリ・角ツブレ、若干めくりシワのあるページがありますが、本編は概ね良好です。

「こんにちは うさぎくん!どうして ないているんだ? なにが かなしいんだい?」うさぎは なきながら こたえました。「かなしくて かなしくて たまりません。ぼくのいえは 木のかわのいえ。きつねのいえは こおりのいえ。はるがきて こおりのいえは とけてなくなった。すると、きつねは ぼくのいえに むりやりはいって、ぼくをおいだし、いれてくれない」 本文より。
日本では「キツネとウサギ」や「ウサギの家」などの題名で邦訳されているロシア民話です。イラストは「きりのなかのはりねずみ」でも知られるF・ヤールブソワ。ロシア絵本の特徴である動物たちの民話を、ヤールブソワがロシア民話の伝統を守りつつ、かわいらしく描きました。
SOLD OUT






Top