古本絵本と、絵本やかわいい古本屋

妖精の騎士タム・リン スコットランドの民話

再話:スーザン・クーパー
絵:ウォリック・ハットン
訳:もりおかみち
出版元:小学館
発行年:2005年8月10日1刷
サイズ:W220×H255
重量:430g
本の状態:A− カバーありです。カバーに小さなスレ・ヨレ、本編は概ね良好です。

マーガレットは、毎日朝から晩まで、お城の塔のてっぺんの部屋で、ししゅうをしていました。ししゅうなんか、大きらいでした。お城の外に行って、思いきり走ったり大きな声で笑ったり、わくわくするような冒険がしてみたかったのです。けれど、マーガレットはスコットランドの王女様でしたから、おぎょうぎよくおとなしくすわって、ししゅうをしていなければなりませんでした。どこかの王子様が結婚を申しこみにきてくれるまで、だまってじっと待っているのです。ある日マーガレットは、お城をとびだして、緑の牧場をどんどん走っていきました。「カーターヘイズの森に行って、赤いバラをつもう」と、マーガレットは心に決めていました。でもカーターヘイズの森は、おそろしいところでした。妖精の騎士タム・リンがあらわれて、入った者に呪いをかけ二度とでられないようにしてしまうと、だれもが知っていました。タム・リンは、美しい若者でした。金色の巻き毛が風にゆれ、日に焼けた肌も金色にかがやいていました。夏の空のように青い目で、タム・リンは、じっとマーガレットをみつめました。そして、マーガレットは・・・。愛する人を救うためにたたかう王女様の愛と勇気の物語。本書紹介文より。
SOLD OUT






Top