古本絵本と、絵本やかわいい古本屋

ねずみのレオポルド

文:リブシェ・パレチコバー
絵:ヨゼフ・パレチェック
訳:千野栄一
出版元:フレーベル館
発行年:昭和58年12月4刷
サイズ:W215×H293
重量:370g
本の状態:B カバーなしです。表紙に経年のスレ・アタリ・角ツブレ、表紙の見開きにうすいヤケ・微シミ、ページに若干めくりシワ・微シミのあるページなど、全体的に多少の経年感がありますが、本編は概ね良好です。品切れ、重版未定です。

一家で引っ越すことにしたねずみのレオポルドは、町のはずれにある古い芝居小屋に住むことにしました。そこで王さまの笏を手に入れたレオポルドは、「しゃくはわしのものだ!いまからわしはおうさまだ!ユリンカ、おまえはこのよでいちばんつよいもののよめになるのだ!」と言い始めます。ところがユリンカには、大好きなエドゥアルドがいるのです―。
舞台演出、映画シナリオ、アニメーション監督など、幅広い分野で活躍しているリブシェ・パレチコヴァーと、夫のヨゼフ・パレチェクによる絵本です。
SOLD OUT






Top