古本絵本と、絵本やかわいい古本屋

ゴッホ 風がはこんだ色彩

文:キアーラ・ロッサーニ
絵:オクタヴィア・モナコ
訳:結城昌子
出版元:西村書店
発行年:2010年10月20日1刷
サイズ:W228×H317
重量:510g
本の状態:A− カバーありです。カバーに小さなスレと端ヨレ、若干めくりシワのあるページがありますが、本編は概ね良好です。

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853〜1890年)は、オランダに生まれ、フランスで活躍した画家です。フィンセントが画家を志してオランダからパリにやってきたのは、印象派という新しい絵画の試みがひろがりつつあるころでした。フィンセントの作品は、まぶしい色彩とぐいぐいと力のこもったはげしいタッチが特徴です。今では世界じゅうの人びとに愛されているフィンセントですが、生きているあいだにはまったくみとめられることなく、37才という若さで自らの人生の幕を閉じてしまいました。フィンセントには、テオというなかのよい弟がいて、短い生涯のあいだに、ふたりはたくさんの手紙をやりとりしました。この本は、残された手紙をもとに書かれた物語です。フィンセントの狂おしいまでの絵画に対する情熱がつたわってくるようです。物語に登場する「風」は、フィンセントの内面の声かもしれませんし、芸術の神さまの声かもしれません。 訳者紹介文より。
イラストは2004年イタリア・アンデルセン賞でベスト・イラストレーターに輝いたオクタヴィア・モナコです。
SOLD OUT






Top