古本絵本と、絵本やかわいい古本屋

太陽へとぶ矢 インディアンにつたわるおはなし

作:ジェラルド・マクダーモット
訳:神宮 輝夫
出版元:ほるぷ出版
発行年:1994年3月15日24刷
サイズ:W287×H245
重量:470g
本の状態:B+ カバーありです。カバーに経年のスレ・ヨレ、本編は概ね良好です。

昔、太陽の神が、いのちの力を一本の矢にかえ、大地に向けてとばしました。矢はある村のひとりの娘にあたりました。いのちの矢を受けた娘は男の子を生みました。男の子はすくすくと育ちましたが、子どもたちから“おやなし子”といじめられます。男の子はお父さんをさがしに出かけ、ある矢づくりの老人に会いました。老人は、男の子が太陽の神の子だとわかり、男の子を一本の矢にかえて太陽に向けてとばしたのです。・・・・アメリカのプエブロインディアンの神話をテーマにして描き上げた、現代的センスにあふれた作品です。子どもだけでなく、大人の心もしっかりとらえる魅力にみちています。この作品は、アメリカでもっとも権威のあるカルデコット賞(1975年度)を受賞しました。本書紹介文より。
SOLD OUT






Top