古本絵本と、絵本やかわいい古本屋

妖精のくる午後

文:コーザ・ベレリ
絵:こみねゆら
出版元:偕成社
発行年:1997年11月初版
サイズ:W167×H247
重量:260g
本の状態:B+ カバーありです。カバーに経年のスレ・ヨレ、若干めくりシワのあるページなど多少の経年感がありますが、本編は概ね良好です。品切れ、重版未定です。

暖炉の上に おき忘れられた人形が 夢をみる ゆりの香りと サラサラ絹の ざわめきの中で出会った 妖精の夢をみる 妖精は いつの日か 人形を 連れ去りにきてくれるのでしょうか? マダムの家で 午後 紅茶の時間 本書紹介文より。
初めての絵本をフランスで出版したこみねゆらさん。本書も1995年に「La Fee et la Poupee」という題名で出版された絵本の日本語版です。
SOLD OUT






Top