古本絵本と、絵本やかわいい古本屋

サルタン王の物語

作:アレクサンドル・プーシキン
絵:イヴァン・ビリービン
訳:山口洋子
出版元:東京経済
発行年:1997年10月28日1刷
サイズ:W288×H223
重量:360g
本の状態:B+ カバーありです。カバーにスレ・ヨレ、表紙天地に小さなアタリ、若干めくりシワのあるページがありますが、本編は概ね良好です。品切れ、重版未定です。

「サルタン王の物語」は、アレクサンドル・プーシキンによるお伽噺に基づいた親しみやすい原作に、ロシアの作曲家ニコライ・リムスキー=コルサコフが1900年に作曲したオペラ作品です。サルタン皇帝の王妃が、二人の姉に妬まれて王子とともに島に流されますが、王子が成人して白鳥を助け、人間に姿を変えた白鳥の皇女と結婚するというお話。ロシアのイコンをルーツとしながらも、アールヌーボーやジャポニズムも取り入れたビリービン独特の装飾様式が存分に楽しめます。

SOLD OUT






Top